メディア掲載

  • ●土屋院長プロフィール(スターダストマーケティング)
  • MAGAZINE

    • 「週刊女性7/19号」(主婦と生活社)掲載「週刊女性7/19号」(主婦と生活社)
      医師が飲んでる市販薬
      お医者さんは薬を処方できるから、市販薬とは縁が薄いイメージ。だが、忙しいときにサッと買える手軽さは、やはり重宝。薬のウラもオモテも知っている専門家が日ごろ「頼りにしている」商品はなにか。皮膚科専門医の土屋佳奈がご紹介しました。

    • 「週刊女性7/12号」(主婦と生活社)掲載「週刊女性7/19号」(主婦と生活社)
      ”夏の肌荒れ”を防ぐ免疫力アップ習慣
      ”マスク蒸れ”による汗荒れ、エアコンによる乾燥・小ジワ・・・肌の根本から立て直す!皮膚科専門医の土屋佳奈が解説しました。

    • 「女性自身2/8号」(光文社)掲載「女性自身2/8号」(光文社)
      冬でもキレイにうるおう洗顔料最強ランキング
      今どき洗顔は濃密炭酸・ムース泡で包み込む肌の乾燥がキニナルこの季節。マスクによるこすれも加わって、年齢を重ねた肌はますます大変なことに・・・。こんなときこそ見直したいのが洗顔!

    • 「bis1月号」(光文社)掲載「bis1月号」掲載
      昨日よりも今日がいちばん美しい♡Positive Aging Care
      老化を止めることはできないけれど、ライフスタイルの中に丁寧なケアや運動を取り入れることで、肌を生まれ変わらせたり老化の進行を遅らせることはできるはず。
      無理のないエイジングケアで新しい自分を目指してみて。…

    WEB

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      皮膚科医に聞いた「レチノール」の正しい使い方。
      レチノールは美肌を目指すひとにとって、ぜひ注目しておきたい成分のひとつ!たくさんの種類のレチノール配合化粧品が販売されているけど、正しい使い方や注意点までは、よく知らない部分が多いかも…。

    • 「MAQUIA ONLINE」ボディケア掲載「MAQUIA ONLINE」ボディケア掲載
      寒いわけではないのに常にトリ肌みたいにブツブツ、細かい凹凸が目立つ二の腕。最新のアプローチ方法を含めて、皮膚科医の先生に解説してもらいました。 ●二の腕の肌に起こりやすい、トリ肌状のブツブツの正体は? ●遺伝? 乾燥? なりやすい人の傾向は? ●症状が悪化しやすいNG要因は? 今すぐ完治する方法はないものの、 日々のケアで目立ちにくくすることは可能! ●ピーリング ●保湿ケア ●都市伝説!? レーザー脱毛も効果あり? 続きを読む→MAQUIA ONLINE
    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      「日焼け止めは手の甲で塗るべし」皮膚科医に聞いた、最新・UV対策 「日焼け止めは手の甲で塗るべし」皮膚科医に聞いた、最新・UV対策 本格的な紫外線の季節が到来!肌のシワやたるみにも影響する紫外線は、ガラスを通して屋内にも入ってくる。 >>詳しく

    • 「わたしの名医」掲載「ゼオスキンヘルスZEO SKIN HEALTH」でビタミンAをチャージ。毎日の積み重ねで10年後の肌が変わる。
      ・赤ちゃんからご高齢者まで幅広い年代のお悩みに対応
      ・毎日肌に何を与えるのかで将来の肌が変わ
      ・ビタミンAを肌に貯蔵していくことで揺らがない肌へ
      ・美容医療の治療効果も引き上げるビタミンAの力

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      ちゃんと落とせてる…?「石けんオフできる日焼け止め」と上手く付き合う方法近頃人気の、洗顔料でオフできる日焼け止め。肌にやさしいイメージがあるけれど、洗顔料だけでスッキリ落とせているもの?日焼け止めの洗い残しが、肌トラブルを招いてしまわないのかも気になるところ…。

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      皮膚科医に聞く「花粉肌荒れ」のスキンケア。足し算・引き算の正解って?花粉の季節で悩ましいのが、肌の赤みに痒み。鼻水などの症状がなくても、顔や首に花粉が付着することで肌荒れを起こすひとは多いみたい。間違ったお手入れが、肌トラブルを起こしやすくすることもあるのだとか。

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      NEXTレチノール?人気急上昇中「ナイアシンアミド」に注目があつまる理由人気が高い“レチノール”に続いて、じわじわ注目を浴びている成分が“ナイアシンアミド”。乾燥肌からオイリー肌まで、さまざまな肌質に取り入れやすいといわれ、その実力は見逃せない。

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      皮膚科医に聞く「レチノール」が含まれる市販品の選び方。他成分との組み合わせの注意点も美容好きのあいだで特に人気が高い成分のひとつ、“レチノール”。レチノール配合の化粧品は多く販売され、気になっているひとも多いはず。でも実際、レチノールってどんな肌悩みに向いているの?

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      うわ、やっちゃってる…。皮膚科医は「絶対やらない」顔たるみを招くNG習慣テレワークやマスク生活の影響で表情筋を使う機会が減り、心配なのは肌のたるみ。肌は一度たるんでしまうと、自己流のケアで元に戻すのは難しいそう。若いうちから気をつけたいポイント…

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      皮膚科医に聞いた「崩れやすいファンデ」の特徴。流行りのアレも残念ながら…外出時のマスク着用が当たり前になった昨今、悩ましいのはマスクにファンデがつくストレス。さらにはマスクを外したときの“メイク崩れ”も困りもの…。

    • 「by.S」Beauty掲載「by.S」Beauty掲載
      皮膚科医に聞いた「肌の乾燥」を招くNG行動。よかれと思ってやっていることが逆効果?本格的な冬の到来で、目もとや口もとといったピンポイントな乾燥が悩ましいこの頃。よかれと思ってやっていた自己流の保湿ケアが、かえって肌トラブルを招いてしまうことも…。

    • 「CHANTO WEB」掲載「CHANTO WEB」掲載
      なぜ「寝る前スマホ」でほうれい線が深くなるのか【皮膚科専門医に聞く】「寝る前のながらスマホが、ほうれい線を深濃くする原因のひとつです」。皮膚科専門医の土屋佳奈先生によると、ほうれい線を目立たせないためには、紫外線・ブルーライト対策と規則正しい睡眠が大切とのこと。

    • 「CHANTO WEB」掲載「CHANTO WEB」掲載
      年代別!ほうれい線ができる理由と対策【皮膚科専門医に聞く】「保湿のために色々と塗っていたのに」「顔のマッサージの効果はなかったのかな」など、鏡に映るほうれい線を見て、毎日のケアに疑問を感じることも。 皮膚科専門医の土屋佳奈先生によると、「年齢に合ったケア」が必要とのこと。

    • 「CHANTO WEB」掲載「CHANTO WEB」掲載 2021.11.20
      ほうれい線がでやすい人の5つの特徴「ほうれい線は、できやすい人とそうでない人がいます」と、皮膚科専門医の土屋佳奈先生。今回は、ほうれい線ができやすい人の特徴を解説します。美容に気をつかうだけでなく、食事や生活習慣なども関係があるようです。

    • 「CHANTO WEB」掲載「CHANTO WEB」掲載 2021.11.20
      マスク生活やコロナ太りでほうれい線が深くなる訳【皮膚科専門医に聞く】帰宅後に洗面台でマスクを外したとき、鏡をふと覗くと「ほうれい線がハッキリしてきた?」と感じたことはありませんか。「実は、マスク生活や外出自粛などは、ほうれい線に影響を与えています」。


    リフトアップして若々しく!「つちやファミリークリニック浅草院」の『ウルトラセルQプラス』に注目

    たるみ、ほうれい線、目元のシワ、毛穴など、アラサーガールに起こりがちな肌トラブルに悩まされているなら、4月にオープンした「つちやファミリークリニック浅草院」で受けられる『ウルトラセルQプラス』がおすすめ。施術直後から効果が出始め、効果が半年から1年も続くので、今大注目なんです!

    続きを読む→ andGIRL
    https://www.andgirl.jp/beauty/34830


    皮膚科医が解説!デリケートゾーンのかゆみの原因と対策とは

    デリケートゾーンのかゆみって、外出先で発生すると人前で対処ができないので辛いですよね…。
    特に冬は厚手のタイツやガードルで下半身が温まるとムレてかゆみに繋がることも。
    今回は素敵な皮膚科の先生に、ムレからくるかゆみの対策について教えていただきました!

    続きを読む→ タマケアLab.
    https://bijoy.jp/interview/47


    おしどり夫婦が評判!入谷駅のつちやファミリークリニック

    知る人ぞ知るグルメの下町、入谷駅の改札を抜けると、趣のある店がポツンポツンと点在しています。元気な子どもたちの笑い声が聞こえてくる大正小学校のすぐ近くに、50年以上この土地の“かかりつけ医”として信頼を築いているクリニックが見えてくるでしょう。

    今回は、入谷に構える『つちやファミリークリニック』で、小児科と皮膚科を経営している、美女医であり、おしどり夫婦の土屋佳奈先生にインタビューしました。

    続きを読む→ Bijoy®
    https://bijoy.jp/interview/47


    元コギャルの皮膚科医が教える「日焼け」の怖さ

    夏のジリジリと照りつける紫外線が肌にダメージを蓄積しています。まだ若いから大丈夫と油断して、日焼け対策をおろそかにしていませんか?

    今回は、つちやファミリークリニックの美女医、土屋佳奈先生に“日焼け”の怖さや、皮膚科医だからこそ教える効果的な日焼け対策方法について取材しました。

    目次 [hide]
    1 シンプルな肌ケアのヒミツは「自分の肌に合ったもの」
    2 元コギャルの皮膚科医だから教える「日焼け」の怖さ
    3 日焼け対策には「塗る&飲む」がオススメ
    4 絆を大切にする「地域のかかりつけ医」を目指して
    4.1 土屋佳奈先生

    続きを読む→ Bijoy®
    https://bijoy.jp/care_stains/645